足湯や温泉で水虫がうつる可能性はある?

足湯や温泉のかけ流しによって水虫がうつることがあります。
公共の場のマットやサンダル、スリッパ、タオル、更衣室の床、座布団などからも感染することがあるので注意しましょう。
また、自宅でもリビングのカーペットなどから感染してしまうことがあるので注意が必要です。

水虫の原因となる白癬菌は感染して24時間程度経ってから皮膚の中に入っていくと言われています。
そのため足湯や温泉から帰ったらすぐにシャワーで足を洗うようにしましょう。
石鹸でよく洗えば菌を洗い流すことができますし、再加熱によって菌が溜まりにくくなるということです。

水虫を予防したいなら殺菌や消毒効果のある石鹸で足を洗うのもおすすめです。
力を入れ過ぎると皮膚を傷つけてしまいますので、優しく丁寧に洗うようにしましょう。
公共の場を利用した後は殺菌効果のあるシートで足を拭き取るというのもポイントです。
常に足を清潔に保つことが効果的な対策となっています。

足が蒸れていると水虫菌が増殖しやすくなります。そこで予防のためには通気性の良い靴を履くと良いでしょう。
つま先が開いている靴やメッシュ素材の靴などは通気性に優れており、水虫対策に最適です。
また、1日中履いていた靴には汗が染み込んでいるため、きちんと乾燥させておくことが大切です。
同じ靴を続けて履くのは避けた方が良いでしょう。

足の蒸れを防ぐためには5本指の靴下を履くという方法もあります。
このような靴下は足の蒸れを防ぐだけでなく、足の指を開くことで健康への効果も期待できるということです。
5本指の靴下は様々な商品が登場しており、女性向けの可愛らしいデザインのものも人気となっています。
最近では靴の中を乾燥させる商品や足の蒸れを予防する商品がいろいろ販売されています。
そのような商品を利用して水虫を予防しても良いでしょう。

バスマットやタオル、スリッパなどの日用品はできるだけ家族と共有しないことがポイントです。
また、爪切りについても専用のものを使った方が良いとされています。
爪切りによって菌が感染してしまうことも多いですし、ちょっとしたことに気を付けながら生活していきましょう。

他に気を付けたい公共の場

温泉かけ流しのような不特定多数が利用する公共の施設では、誰が水虫になっているかはわかりません。
水虫がうつる可能性も高くなることは間違いないです。
公共施設の更衣室の床、温泉やプールの足ふきマット、不特定多数の人が利用する公共の場のスリッパやサンダルは感染する可能性が高いといわなければなりません。
足湯などの水溜まりのある場所は特に避けるようにしたほうが無難です。
公共の施設には、なるべく自前のタオルをもっていくようにして設置してあるタオルは使わないようにする習慣をつけることが大切です。

水虫の原因になる白癬菌は、感染して皮膚に達するまでに24時間程度がかかります。
帰宅したらすぐにシャワーで足を洗うか、足を拭くようにすると効果がみられるでしょう。特に、再加熱して清潔にすることが必要です。
石鹸でよく洗うことが大切だということになります。
洗う際はごしごし洗うより泡立てて汚れを取るようにすれば効果があるので、帰宅したらシャワーを浴びる習慣をつけましょう。

公共施設を利用した後は、殺菌効果のあるシートで足をよく拭き取ることも水虫に感染しにくくなる方策になります。
足が汗で蒸れるようであれば、こまめに殺菌効果のあるシートで拭くことが大切です。
足が汗によって蒸れることが白癬菌を増殖させる原因になりますから、できるだけ通気性のよい靴下や靴を履くことが大切だということです。
ちょっとした配慮で、公共施設で水虫に感染することは防げます。
湿気の多いヨガスタジオなどのレッスン場所も、水虫に感染しやすい場所になりますから、意識して帰った後でシャワーを浴びるなどの処置を自発的に行うことが感染を防ぐために必要です。

特に感染しやすい不特定多数が利用する施設ではタオルなど体をふく際には再加熱されているかを確認するようにしましょう。