足が臭くなる原因ってなんだろう?

自分の足が臭くなったことがある人も多いでしょう。
周りの人に足が臭いことがばれてしまう前にしっかりとケアしておきたいものです。
何故足が臭くなってしまうのか原因を知りたいという人もいるかもしれません。
原因を突き止めたうえで改善策を見つけていく事が大切になります。

脚の臭いは汗をかく為と考えている人も多いでしょうが、そうではありません。
足の裏は汗腺が集中していて汗をかきやすい部分ですが、汗自体は無臭です。
足の臭いは、皮脂などを餌に繁殖した雑菌が原因です。この雑菌の排泄物が腐敗する事によって嫌な臭いの原因になっています。

臭いは夏場には特に酷くなる事が多いです。
何故なら、雑菌は高温多湿の環境を好み繁殖する為です。靴を長時間履く事で、蒸れて臭いが酷くなってしまう事もあります。
ブーツやスニーカーなど足が覆われた靴を履く時は注意が必要です。
同じ靴を毎日履いている人や、一日中靴を履いているという人は気を付けなければなりません。
またサイズが小さめの靴を履いている人も注意が必要です。足に負担がかかり発汗を促してしまう事もあり臭いの原因になります。

靴を履いていない時も注意が必要です。靴下でも靴を履いている時と同じ様な事が起こります。
靴下を寝るまで履きっぱなしという人は、雑菌が繁殖してしまうので気を付けましょう。

ストレスが原因の場合もあります。ストレスがかかって自律神経が乱れてしまうと汗をかきやすいです。
そうすると皮脂を餌にしている雑菌が増えて臭くなってしまいます。
ストレスがかかると活性酸素が増えてしまいます。そうすると雑菌が繁殖する環境になります。

臭いの原因は病気の可能性もあります。
菌が皮膚の角質層まで繁殖すると水虫になってしまいます。
足を不潔にしていると、汚れや汗が溜まっていき雑菌が繁殖する環境を作ってしまいます。
この様な状態で肌に傷があると、そこから雑菌に侵入される事になります。

一度自分の生活習慣を見直してみましょう。

足が臭くなりやすい人ってどんな人?

足は急に臭くなってしまい、その臭いに驚いてしまうことがあります。
足の臭いといった悩みはとてもデリケートで深刻でもあります。それは自分でも原因がわからないために悩みになります。
石鹸でよく洗っても、消臭スプレーを使っても改善しないのは別に原因があります。

いくつかの原因がからみあっているために臭いになっていることがあり、足だけに対策をしても治らないということです。
単純に足を洗うといったことや消臭スプレーを使ってみるということではなく、履いているものや自分の汗が大きく関わっていることがあります。
汗自体は無臭であってもそこについている雑菌が繁殖して汗と一緒に流れ出てしまった皮脂や角質を分解するときに発生していることがあります。
人間の体には菌がついているもので、常在菌と呼ばれています。
皮膚を守る役目がありますが、その数が増えると臭いを発生させます。

体質にも関係があり、汗をよくかく人やストレスを感じやすい人が臭いやすいということがあります。
足の裏は汗腺が多くあり汗をかきやすい場所でもあります。
靴下を履くことで汗を吸い取りますが、そのままでは靴を履いている状態で湿気を閉じ込めてしまい蒸れて長い時間履いているために常在菌によって皮脂や角質によって増えてしまい臭いになります。
足が蒸れてしまうと水虫になってしまうと考えますが、この水虫を引き起こすのも菌であり白癬菌と呼ばれ、繁殖することで水虫になるため、足も臭いやすい環境にあるといえます。

このように靴下を履いていても、足をきれいに洗っても臭うのは、臭いの成分が落ちにくいためです。
丁寧に洗っても完全に洗い流すことは難しくまたすぐに増えてしまうので、臭い対策としてはこまめに靴下をかえる、足を洗う、角質ケアをすることです。