格闘技をやっている人に生じる新型水虫?

水虫の原因として一般的なのは白癬菌と呼ばれるカビの一種でした。
しかし、近年特に柔道やレスリングなどの格闘技を行っている人の間で流行しているのが、新型水虫とも呼ばれている「トンズランス菌」が原因の水虫です。
トンズランス菌も白癬菌と同様にカビの一種です。

1950年代に中南米で発見されたカビで、その後1960年代には欧米の様々なところで流行し、アメリカを経て日本国内では2001年に上陸が確認された比較的新しい種類のカビと言えます。
マスコミでも取り上げられるなどしたことで、一般にも知られるようになりました。

トンズランス菌の医学用語は「トリコフィトン・トンズランス」と言います。
新型水虫とは言っても感染経路はこれまでの水虫と同様で体の密着や衣類・タオルの共有です。
注意しなければならないのは、一般的な白癬菌よりも感染力が高く、治りにくいという特徴があることです。
水虫というと、足裏や指の間に症状が見られることが多いですが、新型水虫は頭や首、顔など上半身に症状が出やすい傾向にあります。

症状は軽度の場合は皮膚が赤くなる・フケやかさぶたが出来るなど、他の皮膚病とよく似ているため判断がつきにくい、発見しにくい可能性があります。
症状が進行すると、頭皮の場合は頭皮から膿が出て円形脱毛症のように毛が抜けたり、途中で毛髪が切れ、毛穴が広がって黒くなることもあるようです。
炎症がひどくなると毛が生えてこない可能性もありますので、早めに治療を受けるということが大切です。
なお、症状が軽い場合でも感染力はありますので、他の人と接触をすることで感染源となる可能性が考えられます。

治療法としてはまず皮膚の一部などを顕微鏡で確認し、トンスランス菌の存在を確認します。
カビの存在が確認することが出来たら、内服薬もしくは外用薬を使用するとともに、抗真菌薬入りのシャンプーを併用します。
再度顕微鏡で検査を行い、カビの存在が確認することが出来なければ治療は終了となります。
なかなか治りにくいため途中で治療をやめてしまうと、治療期間が長引く事がありますので注意が必要です。

もともと海外のもの?

新型水虫のトンズランス菌は柔道やレスリングなどの格闘技を行っている人の間で流行しているとして、マスコミでも取り上げられているため、知っている人もいるかもしれません。
トンズランスが原因の新型水虫は医学用語ではトリコフィトン・トンズランスといい、南米・欧米・アメリカを経て日本国内でも2001年に上陸が確認されました。
水虫というと白癬菌と呼ばれるカビの一種が原因となりますが、この新型水虫は白癬菌よりも感染力が強く早期に発見して治療を行うことが大事です。

トンスランス菌は柔道やレスリングなどの格闘技で、選手同士から流行がはじまったといわれ、近年日本に入ってきた外来の水虫菌となります。
トンズランス菌はカビの一種で、トンスラというのは感染するとフランシスコ・ザビエルのような頭頂部が円形に脱毛してしまうことから、その名前がつけられました。

トンズランス菌は皮膚の表面や角質にあるケラチンをエサにしていて、格闘技で体を密着させたりタオルや衣服を共有することで感染をしてしまいます。
白癬菌は足につくことが多いのが特徴となっていますが、トンズランス菌は足の裏よりも頭部や上半身を好み感染力も強いため治りにくいのも特徴となっています。
新型水虫の症状は上半身の部位に感染した場合、円形でカサカサとしたピンク色の発疹ができ、中央部が先に治癒していくため患部が環状に見えることもあります。

頭皮に感染した場合には発疹ができた後にかさぶたになりフケが多くみられるのが特徴となっています。
悪化してしまうと膿がでて脱毛に至ることもありますから皮膚科で治療を行うことが大事です。
新型水虫は場合によっては内服薬も必要となりますから、自己判断せず専門医で診てもらうことが大事です。