ニゾラールクリームは様々な皮膚炎に対応

抗真菌薬のニゾラールクリームは、副作用の心配も少なく安心して使用することができ、様々な皮膚炎の症状にもその効果を期待することができる優れた抗真菌薬です。
ニゾラールクリームの成分であるケトコナゾールは、抗真菌薬の一種に当てはまります。
作用機序としてエルゴステロールの生合成阻害の作用をおこないます。
エルゴステロールは、真菌の細胞膜の構成成分であり、それを介することで抗真菌作用を見せるのです。
真菌に働きかけ、その増殖を抑制する役割に優れている特徴は、水虫やカンジダ、脂漏性皮膚炎など幅広い皮膚炎に対応してくれるのが魅力です。

通常、1日1回でその効果を期待することができますが、脂漏性皮膚炎の症状の場合は1日2回の使用がおすすめされています。
同じニゾラールクリームですが、様々な皮膚炎の症状によりその使用回数も使い分けます。

また、形状にもクリームタイプとローションタイプがあり、クリームとローションではその使用感にも差があります。
クリームとローションのそれぞれの特徴を把握して、自分に合ったタイプを選択することが最適です。
ローションタイプは髪の毛の多い頭部などの患部に使いやすく、また浸透がクリームタイプよりも優れた側面をもちますので、皮膚が固く角化した厚い肌にもぴったりです。
しかし、その浸透力が高いために刺激の強さも比例します。
一方クリームタイプは穏やかな浸透で刺激の心配が低いので、ただれているようなジュクジュクとした患部に最適です。

刺激が反応してしまう可能性がある部分、または浸透力が必要な部分とさまざまな皮膚炎に適したタイプを選択できる2つの形状があります。
これらはジェネリックタイプでの購入価格でお求め安い価格で通販などを利用して、個人輸入で購入することができます。
格安な価格でニゾラールクリームを購入でき、その働きを実感することができます。
使用する際には商品の説明書きには十分に目を通してから使用し、それぞれの皮膚炎の症状に合わせた使い方を行ってください。

ケトコナゾールの作用機序

ニゾラールクリームは、水虫・カンジダ・脂漏性皮膚炎など幅広い皮膚炎に対応し、効果がある抗真菌薬で、一般的にケトコナゾールと呼ばれています。
ケトコナゾールは、水虫(足の白癬菌)やカンジダなどの真菌を死滅させます。

真菌の主な構成成分はエルゴステロールで、人間の細胞膜は主にコレステロールで構成されています。
水虫の場合、白癬菌のエルゴステロールが作られる過程を妨害すれば、人間の細胞膜には何も影響なく真菌を死滅出来ることがわかっています。

エルゴステロールには合成経路があります。
まず、アセチルCoAから始まり、メバロン酸・スクアレン・ラノステロール・エルゴステロールの順に合成されます。
ケトコナゾールの作用機序は、ラノステロールからエルゴステロールが合成されるタイミングで必要な酵素を阻害することです。

エルゴステロール合成系にはラノステロール14α-脱メチル酵素があり、この酵素の活性発現に必要な因子であるヘムの鉄原子にアゾール骨格の窒素原子が結合します。
その結果、エルゴステロール合成の際に有害であるステロール中間体を蓄積させるため、エルゴステロールの合成はされなくなります。
エルゴステロールがなくなってしまえば、真菌の膜構造や膜タンパクの機能を阻害出来るので、真菌細胞の増殖を防げます。

現在ではニゾラールクリームを通販で購入することが出来ます。
ジェネリック医薬品はさらに安いので、手軽に入手が可能です。
また、ニゾラールのジェネリックはニゾラールと同様にケトコナゾールを主成分にしているので、同じ効果が期待出来ます。
ただし、偽物などの違法な商品を販売している悪質なサイトも存在するので、注意が必要です。